Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

タイラップ

      2015/08/23

タイラップとは家電のケーブル類を束ねたりするのに使うものです。結束バンドとも呼んだりします。ホームセンターや100円ショップに売っています。これは意外といろいろな使い道があって便利です。大体の人が持っていたように思います。

タイラップの種類

基本的にタイラップは一度使うと切るしかできないものがほとんどですが、中にはつまみを押しながら引っ張れば取り外して繰り返し使えるものがあります。使い方で書いてますが、洗濯物とか買い物したビニール袋を固定するのには繰り替えし使えるものがオススメです。

自分は旅に出た当初タイラップを持ってませんでしたが、他の人におすすめされて購入しました。長いものでも100円ショップで10本くらい、短いものなら50本くらい入ってるものを買うことができるます。

ただの結束バンドなのに、アイデア次第でなんとでもできる面白いアイテムなので、持って行って損はないと思います。余っても家のケーブル類をまとめるのに使うことができますし。

タイラップの使い方

一時的に固定・括り付ける

主にホムセン箱を完全固定せずにパッキングする人向けの話になるかと思いますが、一番日常的な使い方は、買い物した食材などが入ったビニール袋をゴムネットで固定することでしょうか。

あとは着替えが少ない時など、急場凌ぎで手洗いした靴下や下着など、走りながら干すために、前カゴやゴムネットに一時的に縛り付ける使い方です。再結束可能なタイラップだと毎回切る手間が省けて、繰り返し使えますので経済的で地球に優しいです。

ゴムネットの間に挟んだり洗濯ばさみで固定するのもいいんですが、振動などでズレていったり、衝撃で落ちてしまったりと、何かと不安要素が多いので、二重三重に対策するとより安全です。適当にやってると自分みたいに路上にパンツをばら撒く羽目になりますよ。

ホクレンフラッグを固定する

自分はゴムネットに北海道ツーリングの定番「ホクレンフラッグ」を固定して走っていました。ゴムネットを指でくるっと捻ってフラッグを差し込んでも固定できるとは聞いてたんですが、いかんせん不安だったので、自分はタイラップで固定していました。

日本一周アピールプレートもゴムネットで固定していたので、プレートが見えるようにセットするのが少し面倒でした。

ホムセン箱を固定する

旅をしている時に、ホムセン箱をタイラップで固定した人と会ったことがあります。言われるまで気づきませんでしたが、ホムセン箱の底にはタイラップだらけで、160本(本数はうろ覚えです)ほど使ってリアキャリアに取り付けしたらしいです。

ホムセン箱を押してみたりしましたが、ネジやボルトで固定するのと変わらないくらいガッチリ固定できていました。自分はタイラップで固定できるホムセン箱があるとは知らなかったので、旅に出る前に知っていたら同じホムセン箱を購入していたことでしょう。

別の記事でも紹介していますが、かなり容量も大きいので、DIYが苦手な人はタイラップで固定できるホムセン箱を購入するといいと思います。ただし、かなり大きいのでリアキャリアの大きさなど測って、取り付けられそうかよく考えて購入してください。

長いものを固定する

ネジやボルトで固定するには無理があるようなものを固定するのに使えます。自分が使った例として、シート後方とリアキャリアの段差を解消するために落ちていた木の板を固定するのに使いました。これでホムセン箱を安定してラッシングベルトで固定することができるようになりました。

というか、厳密に言うと自分が使った例ではないです。キャンプ場で会ったベテランキャンパーの方に付けて頂きました。あの時はいろいろと教えていただき、ありがとうございました。

DIYが得意な人であればカメラの三脚や折り畳み傘など、よく使う長いものを入れるためのケースを自作して、バイクのフレームに固定していつでも取り出せるようにすることもできると思います。くれぐれも脱落することがないように取り付けましょう。

以上、自分が思いつく使い方を、上から使うことが多そうな順番で紹介しました。旅していて面白い使い方をしている人が居たらどんどん真似していきましょう。そうやってマネしている内にパッキング上手になっていることでしょう。

(Visited 635 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top