Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

サイドバッグ

   

サイドバッグとは

バイクのキャリアの両サイドに取り付けることができるバッグです。

小さいものから大きいものまで種類があって、価格は5000円から20000円程度が相場です。個人的には防水のものがオススメです。

メリットは荷物の積載性がかなり上がることです。

ホムセン箱をラッシングベルトで固定してしまうと、ベルトを解かないと荷物の出し入れができませんが、サイドバッグを取り付けることによって自由に荷物を出し入れできるスペースを確保できます。

ホムセン箱をラッシングベルトで固定しようと思っている人にはかなりオススメのアイテムです。

自分の場合

自分は出発前にはサイドバッグを取り付けていませんでした。

ラッシングベルトでホムセン箱を固定する方法だと、撤収の際に入れ忘れに気付いて物を入れようとすると、パッキング最初からやり直しになるんで、仕方なくツーリングネットに引っ掛けて走ることが多かったです。

たまった洗濯物を洗濯する時は仕方がないのでパッキングを解いて、店を開くような状態になってしまうので、地味に面倒でした。

旅の途中でサイドバッグを取り付けたいと思い、一時帰宅した時に巻き込み防止用のサイドバッグサポートを自作したのですが、見積もりが甘かったようで、気がついたらチェーンカバーがボロボロになっていました。

一時帰宅後、自分は新たに手持ちのスポーツバッグをホムセン箱に積載することによって荷物容量を確保しました。積載容量が増えたので、サイドバッグが欲しいことを忘れたまま日本一周を終えてました。

 

サイドバッグを取り付ける際の注意点

取り付けの際に注意したい点としては、リアタイヤへの巻き込みや、マフラーなど高熱を発する場所への干渉・接触しないように配慮する必要があります。

サイドバッグサポートを取り付けることでタイヤへの干渉などを解消することができますが、全ての車種でサイドバッグサポートが販売されているとは限りません。

アメリカンタイプのバイクの場合、サイドバッグサポートが販売されていることが多いようです。

バイクの車種によってはサイドバッグサポートが販売されていませんので、その場合、ホームセンターなどで売っている金属のステーを組み合わせて自作することになります。

工作するのが苦手な人は、後輪に干渉しないようなサイズのサイドバッグを購入するか、他の方法で荷物容量を確保しましょう。

サイドバッグに入れるのに適したもの

サイドバッグに入れるものとしては、頻繁に取り出すもので、軽くてかさ張るものを入れると良いと思います。

路肩に停めて右のサイドバッグから物を取り出そうとすると、後ろから走ってくる車に接触したり、自分を避けようとして事故が発生していまうかも知れませんので、よく取り出すものは車体左サイドのバッグに入れることをオススメします。

荷物の振り分けですが、左のサイドバッグにビニール袋に小分けした着替えやお風呂セット、レインウェア。

右側に一度履いた靴下や下着類の洗濯物、北海道で使うような冬物の衣類、チケットの半券やパンフレットを収納するプラケースなんか入れるといいと思います。

そこまで極端に影響はでないと思いますが、できるだけ重さが左右均等になるようにないように意識しましょう。

オススメのサイドバッグ

自分がオススメするサイドバッグはラフ&ロード(ROUGH&ROAD)社から出てるアクアドライ(AWADRY)シリーズです!

自分は日本一周を終えてからスーパーカブに買い替えて、旅に出る前に買ったのがこのシリーズでした。大容量でいろいろ入れてもまだ余力が残るくらい荷物容量を確保できて本当に便利でした。

何よりこのシリーズの一番良い所は何より防水仕様であることです!

大半は付属のビニールの防水カバーを被せることで雨対策するんですが、雨が降ってくる度にバイクを停車してカバーを取り出して付けるのは面倒ですよね。

何よりバイクから離れている時に急に雨が降ってきた!ってことになったら、サイドバッグの中のものは濡れてしまう可能性が高いです。

このアクアドライシリーズだと防水リュックのページにも書いてあるように、端を3回くらい折るように巻いて閉めるだけなので、いつ雨が降っても中身が濡れることがなく安心です。

サイドバッグ以外にもウエストバッグやリュック、ホムセン箱の替わりになるようなボックスって商品も出てますので、自分のバイクや用途に合ったものを見つけて下さい。

まとめ

自分で何でも片付けようとせず、人に頼るのも立派な手段だと思います。

自分は荷物の積載をどうすればいいかには、すごく悩みました。検索するだけでは解決しないことが出てくるのが積載関係の部分なんですよね。

とりあえずバイクを購入した店や、バイク用品店の人に事情を話して、無理なく取り付けられるサイドバッグがないか、巻き込み防止のステーの自作のアドバイスを貰えないか相談してみるといいと思います。

既に日本一周したって人とSNSでコンタクトを取って、アドバイスを求めるのもいい手段だと思います。きっと力になってくれるはずです。

もしそれがダメでも、旅に出ると工作が得意な人に多く出会いますし、そういう方に出会った時に相談してみるといいと思います。

シガーソケットを自分で取りつけたってレベルの人だと、どう組み合わせればうまく取り付けられるか、良いアドバイスが貰えるはずです。人によっては材料代だけ出せば作成を手伝ってくれたりします。

自分も積載方法を大幅に変わったアドバイスを貰えたので、探せばすぐに助けてくれる人が見つかると思います。

(Visited 1,520 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top