Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

クレジットカードを作るなら楽天カード

      2015/08/23

この記事の内容は、無職・ニート・ひきこもりの人向けです。そんな人でもクレジットカードを持つことができるかも知れないって記事です。

もし、無職・ニート・ひきこもり、自称ダメ人間の方が一念発起して、日本一周の旅に出ると決意されたのであれば、是非、この記事を参考に申し込んで頂いて、クレジットカードを持って旅に出て欲しいと思っています。

クレジットカードがあれば、旅中も旅が終わった後の普段の生活がすごい便利になります。どういうメリットがあるかは、クレジットカードのススメの記事で説明していますので、そちらを参照して検討してみてください。

楽天カードのいいところ

他社に比べて審査に通りやすい

楽天カードのいいところで一番に思いつくのがこれです。テレビCMでも”楽天カードマンが6秒に1人ずつ増えている”なんて宣伝してますよね。そのくらい審査を通る人が多いのでしょう。

そしてネットで検索すると、職業が無職でもカードを発行してもらえたというブログ記事などが山ほど出てきます。

自分も短期の仕事をちょっとだけした後に、無職・収入0円で恐る恐る申し込んでみたら、あっさりカードを発行された経験者ですので、無職の人でもクレジットカードを持てる可能性はあると思います。

審査を通すポイントとして、親と同居で実家住まいだと、貸し倒れのリスクが低くなると判断されて、通る可能性が高いようですね。

合わせてキャッシング枠の設定も0円で申請すると、より審査に通りやすくなるようなので0円に設定するのを忘れずにしましょう。

自分はよく知らないですが”リボ払い”とやらは金利が高く情弱御用達システムと言われてるので、リボ払いはしない設定で申し込むようにしましょう。

ポイントの還元率が高い

楽天カードはクレジットカード比較サイトでも、還元率の高いクレジットカードだとオススメされてることも多いです。

おそらく、審査に通り安いクレジットカードの中での還元率を比較した場合、トップクラスだと思います。

楽天カードはかっこ悪いなんて声をネット上で聞きますが、自分はその辺のステータスとかはどうでもいいと思っているので、審査が通り安く還元率が高いのはありがたいと思っています。

ポイントの効率の良い貯め方は、友人たちや職場で飲み会を開く機会があったあった際、自分が仕切り、他の人の割り勘分の現金を回収して、クレジットカードでまとめてお会計することによってポイントを稼ぐことができます。

自分は飲み会する友人がいないのでポイントを貯められませんが、友人が多い方は日常でも活用されることで、ポイントをざくざく貯めることができると思います。

年会費が永年無料

年会費が永年無料なのも大きいポイントですよね。

ネット通販で欲しいものを買うことが多い、このご時世だと、クレジットカードを使う頻度が低い人はほとんどいないと思います。仮に使う機会が長期間なかったとしても、年会費が掛からないのはありがたいですよね。

他社だと年間○○円なり、○回以上の利用で年会費無料だとか、キャッシュバックですから。最初から0円に越したことはないですね。

申し込む時の注意点

携帯の料金滞納に注意

仕事をしている方でも、たまたま引き落としの口座の残高が少なくて、料金の引き落としができなかった場合、その情報が信用情報を管理する機関に記録されてしまうため、審査に通らないことがあるそうです。

最近では、乗り換えでも新規でも、スマホの本体代を分割で購入することが増えています。契約が2年単位なので、スマホ本体代を24分割された金額と同額を月々の料金から値引きすることによって、実質0円という形態が主流になっています。

分割で払っている以上、ローンを組んでいることになるので、引き落としできなかったことがあると、支払い能力が低い人だと判断され(スコアリングと呼ばれるみたいです)、それが大きなマイナス評価になってしまい、審査に通らないことがあるようです。

キャンペーン時に申し込む

楽天市場をよく利用する人だと、”カードを申し込むと2000ポイント進呈”とよく告知が出ているので知っていると思いますが、キャンペーン期間中だと合計8000ポイント貰える時があります。

なので、キャンペーン期間中に申し込むことをオススメします。

時期によってはそれ以上のポイントになっていることもあるかも知れませんが、そういう時は年間でも稀だと思いますので、8000ポイントが申し込むタイミングの目安でしょう。

ここで注意して欲しいのが、カードを申し込んだだけで、すんなり8000ポイント全部貰える訳ではないです。楽天さんのバナーを見ると分かると思いますが、「申し込み+エントリー+利用で8000ポイント!」となっているはずです。

8000円分のポイントが貰えるキャンペーンで申し込んだ時の例

  • 申し込みで2000ポイント
  • ログインしてエントリー+1000ポイント
  • 一定の期間内にカード利用で+5000ポイント

内訳はこのようになっていて、この5000ポイントが一番の曲者でした。

一定の期間内は1ヶ月程度あったんですが、肝心の5000ポイントが入る期間はさらに1~2ヶ月後な上に、利用できる期間が10日程度と限られているのです!

この5000ポイントが一番重要です。大半の人はポイントが貰えることは覚えていたけど、利用できる期間が限られていると知らず、気がついたらポイントが無効になっていた。なんて人は多いんじゃないでしょうか?

期間内にカードを利用してポイントが入ることが確定したら、数ヶ月後に入るであろう5000ポイントで何を買おうか毎日考えるようにしてください!

自分はこのことで忘れずに済みました。もちろんメールでも告知してくれますが、メールを見たとしても、無事にポイントが入ったと安堵するだけで、利用期限があることを見落とすことが多いんじゃないでしょうか。

申し込む時期によって差が出るとは思いますが、一番多いポイントは時間差で入るポイントで、使用期限は約10日であることを忘れないようにしてください。

 

ブランドはどこを選べばいいの?

カードを申し込む際に、VISA,MASTER CARD、JCBの3つのブランドから1つを選ぶことになりますが、どれにすればいいか分からないと思います。普通に国内で使う分には、どれを選んでもいいそうです。

VISAは他のブランドに比べると、カード発行枚数・加盟店舗数が世界一だったので自分はVISAのブランドでカードを発行してもらいました。会員数が他に比べてダントツで多かったのも大きいですね。

クレジットカードのブランドは、携帯電話の三大キャリアのようなものだと考えると、分かりやすいかも知れませんね。VISAはクレジットカード界のドコモみたいなものなんでしょう。

なので、結論としては1枚目のカードを作るならVISAが無難です!

 

(Visited 180 times, 1 visits today)
Pocket

 - 準備

Top