Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

チケット半券・観光パンフレット保存用プラケース

   

観光した時の入場券の半券や、貰ったパンフレットを入れるためのプラケースです。他にも半券以外にも、旅の最中に鑑賞した劇場版アニメの特典などを入れたりできるので、収集癖のある人は持って行った方がいいと思います。

「観光さえできたら、半券もパンフレットも要らない!」って人には関係ない話ですね。

自分の場合

自分が専門学校に通っていた時に使っていたものがあったので、それを持って行ってました。厚さは4cmくらいあって厚めで、10個くらい仕切りがついていて分けられる物でした。

かさ張るのでホムセン箱にプラケースを入れて、キャンプ場などについてテントなどを展開した後、財布に溜まった半券をプラケースに入れ替えるようにしていました。

財布に入らないパンフレットは、折れないように一時的にクリアファイルかタンクバッグに入れていました。あくまでプラケースへ入れるまでの一時的な保存場所って感じです。

クリアファイルよりもプラケース

クリアファイルでも悪くないと思うんですが、枚数が多くなると厚みで隙間だらけになって、なだれて外に出るし、何よりペラペラなんでホムセン箱に入れていても、物の出し入れの時にどうしても折れたりします。

できることならパンフレットを綺麗な状態で持って帰りたいですよね。そこでそこそこ強度のあるプラケースです。

これなら簡単に浸水することもありませんし、ちょっとの荷物の出し入れでもパンフレットが折れたりしません。サイズの小さい半券などもなくさずに済みます。

ちょっとでも綺麗に持って帰りたいって人は、パンフレットを貰ってすぐに入れられるように、常に持ち歩くといいでしょう。

自分はそこまでこだわりはなかったので、貰ったパンフレットが大きくてかさ張るなって思った時など、自らの手で二つ折りにしたりしたことがありましたが。

観光する時はカメラを持ち歩いているので、どうしてもくしゃくしゃになってしまいます。かと言ってプラケースに入れてしまうと見たいときに見れないのが辛いところですが。

オススメのプラケース

プラケースを買うならできるだけ容量を大きいものを選ぶと良いでしょう。また、後々の整理のため、仕切りがついて分けられるようになっているものがオススメです。

自分の場合、日本を半周ほどでパンパンになるくらい集まりました。一度家に帰った時に中身を空にしました。

後半の東日本の旅は、北海道や内陸県など、観光する期間が長かったので、途中で入りきらなくなってしまいました。

東京で旅の道中で知り合った方の家に立ち寄った際に、ちょうどいい入れ物をいただけたので、プラケースの中身を不要になった荷物と一緒に家に送りました。

プラーケースがパンパンになった時は、お土産を買った時に一緒に発送してもらうか、プラケースごと定形外郵便として家に送って、その都度買い足すのもありだと思います。

余談

他の旅人さんがどうしてるかは、これもまた聞くことがなかったパターンです。

旅の道中で会った人に、東京に来ることがあれば寄ってくださいと言われていたので、お家におじゃまさせてもらうことありました。

整理はまだしてないものの、ダンボールに入れて保管されていたようなので、みんな何かしらの入れ物に入れて集めている人は多いようです。

パンフレットや半券の整理方法については別の記事にて書いてます。

パンフレットや半券を、プラケースに入れて持って帰ろうとしている人は、旅に出る前に読んでもらうことをオススメします。

(Visited 538 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top