Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

温泉博士

      2015/08/23

温泉博士とは

温泉博士とは、マガジン倶楽部社が発行している月刊誌で、”使って、浸かって、楽しんで、温泉力がつく一冊”がキャッチフレーズの温泉専門誌です。

全国100箇所以上の温泉に入浴できる温泉手形がついた雑誌です。温泉手形のページを該当の入浴施設の受付に見せると、無料や半額など格安で入浴できる便利アイテムです。

ちなみに、温泉手形は無料で入浴できる場合がほとんどです。有料の場合でも半額や入湯税のみの負担で済みます。

1冊620円(2015年現在)なので、利用する施設によっては1回で元が取れます。最低でも2回使えば元は取れるので、使い方次第ではかなりお得に使えると思います。

ひと月10箇所くらい使うことができれば、5000~6000円くらいの節約になるので、温泉めぐりが好きな人が買ってみるといいと思います。浮いたお金で天気が悪い日なんかに、贅沢に民宿なんか泊まれちゃいますね。

また、北海道には”HO(ほ)”という雑誌が売られていていますので、同様の使い方ができます。

温泉博士を購入する時の注意点

買うならできるだけ発売日に

さて、この温泉博士、毎月9日発売なんですが、自分が書店の店員さんに聞いた話では、人気商品なのか割とすぐに品切れになるようです。

入手するなら発売日に書店の旅行の雑誌のコーナーを探してみてください。前日など入荷した時点で店頭に並んでるかも知れませんが、下記のように最新号かどうか確認の上買うようにして下さい。

最新号か確認すること

発売する月によっては、発売が10日になることもあるようなので、翌月まで在庫が残ってることはあまりないと思いますが、買う時は温泉手形の有効期間を見て、最新号か確認してから買うようにしましょう。

温泉博士の発売日と温泉手形の利用期間について

温泉手形の利用期間は、”買ったその月の15日から次の月の15日まで”です。例えば5月9日に最新号を買ったとすると、温泉手形が使えるのは5月の15日から6月の15日までになります。

このように発売日と温泉手形の利用期間に若干差がありますのでご注意ください。

自分が温泉博士を使ってみた感想

この温泉博士、自分も旅の前から名前は聞いていて、2回使えば元が取れるので、旅の道中の書店で試しに買ってみました。

買ってみて分かったんですが、やっぱり雑誌なのでかさ張るのが難点ですね。温泉博士を思う存分に活用するなら、できるだけすぐに取り出せる場所にしまっておくのがポイントになりそうです。

温泉手形は付録で冊子のようになっている訳ではなく、B5版程度のサイズの本の中に記載されているので、本自体をすぐに取り出せる場所に収納していないと、見る機会が少なくなります。

必然的に無料や格安で入浴できる指定の施設の場所の把握ができず、うまく活用することができませんでした。自分のパッキングの方法や、収納場所、行き当たりばったりな行動方針のせいもありますが。

温泉手形だけ簡単に持ち運べるようなポケットサイズとして付録みたいな形で付けてくれたら使いやすいのになぁなんて思うところです。

お風呂セットと一緒にうまいことセットにできると、入浴後の休憩施設などでパラパラめくって、翌日むかう方向で対象施設があるかの把握できると思うので、うまいこと活用すると、数日無料で温泉をはしごすることができるんじゃないでしょうか。

(Visited 622 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top