Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

日本一周に掛かる日数

      2015/10/04

この記事では日本一周にかかる日数について説明していきます。

一般的な人の目安とそれ以降、日数が増減することについて説明します。

一般的な日本一周スタイルの場合

自分の偏見もあるかも知れませんが、日本一周には半年前後掛かることが多いようです。

実際に旅人と会って、ブログで旅の終わりを見たりした感じですと、大体半年前後が多かったですね。

出発地が北や南の都道府県だと、北海道を快適に走れる期間が7~8月と限られているので、それに合わせるために途中の観光をすっ飛ばして後回しにすることなどで日数が嵩むようです。

自分の場合、沖縄以外日本一周達成時で157日(走行距離23200km)、完全制覇時で190日(走行距離25000km)でしたので、これに近い感じになると思います。

沖縄へ行く時に滋賀から鹿児島まで自走したのと、屋久島と種子島へ行ってからフェリーで沖縄へ向ったので、かなり無駄に日数が掛かっていると思うので、これよりも短くなる人が多いんじゃないでしょうか。

雨の日が多かったりすると移動距離が減って日数が増えるので、天候に左右される部分があるのでなんとも言えませんが、47都道府県をそこそこ周るなら大体半年前後という認識でいいと思います。

 

一日で移動できる距離はパワーに左右される

日本一周に掛かる日数は一日で移動する距離で、多くなったり少なくなったりします。

単純に1日に移動する距離が長ければ、日数は少なくなり。逆に1日に移動する距離が短くなれば日数は多くなります。

ここで肝心の”一日で移動できる距離”ですが、バイクのパワー(出力)に大きく左右されます。そしてバイクのパワー(出力)は基本的に排気量の大きい小さいで決まります。

個人の体力やペースによっても差がでますが、基本的にはバイクの排気量に応じて一日で走れる距離が違ってくるので、必然的に日本一周に掛かる日数も変わってきます。

原付や原付二種(50~125cc)のように排気量の少ないバイクは一日で移動できる距離が短くなり、日本一周に掛かる日数が多くなります。

逆に250ccや400cc、更にはリッター越えの排気量の大型バイクなど、排気量の大きいバイクですと、排気量に比例して一日で移動できる距離は長くなるので、日本一周に掛かる日数は短くなります。

排気量の大きいバイクほど、制限速度に達するまでの所要時間も少なく、各パーツもある程度速度が出ることを想定して作られているので、小型のバイクよりも運転時の疲労が少なくなるので当然だと思います。

排気量別 一日で無理なく走れる距離の目安

では、一日で無理なく走れる距離を排気量ごとに把握しておきましょう。

  • 原付一種(50cc未満)150~210km(30km/h)
  • 原付二種(50~125cc) 175~245km(35km/h)
  • 普通二輪(250~400cc)200~280km(40km/h)
  • 大型二輪(750cc~) 225~315km(45km/h)

かなり大雑把に書いてみました。

括弧内は1時間あたりで移動できる距離で、それぞれ5倍、7倍した数値が下限値、上限値となっております。これは1日で走行する時間が5時間と7時間で想定して計算したためです。

なぜ1日の走行時間を5時間で計算したかは、ロングツーリング初心者は、一日あたりの走行時間を5時間くらいを目安にしておくと、次の日に疲労を持ち越さなくていいからだそうです。

実際に自分も日本一周を走った経験から言うと、5時間はちょっと物足りないくらいです。最初はこのくらいでないと、1週間でかなり疲労が溜まってしまうと思います。

長時間走ることに慣れてない人は、このくらいを目安に、目標のキャンプ場やライダーハウスなどを探すと、翌日に疲れを残すことなく旅ができるでしょう。

そして、旅に慣れてきたら徐々に走る距離を多くして行き、自分が無理なく走れる距離を把握しておきましょう。そうすることで今後の計画も立てやすくなると思います。

最初は無理せず、物足りないくらいの走行距離に抑えておくことをオススメします。

中にはカブで1日300~400kmくらい平気!って人や、250ccクラスのバイクで1日600km走った!なんてライダーも居ますが、かなり稀だと思います。くれぐれも真似しないようにしましょう。

自分の体力・気力に見合った距離で、無理のない旅をして下さいね。

自分の場合

旅の日数が沖縄以外日本一周時で156日、完全制覇時で190日でした。

日本一周の距離の記事でも書きましたが、自分の場合、沖縄除く47都道府県制覇時で23200km。完全制覇したのが25000kmでしたので、1日辺りの走行距離はそれぞれ148.71km、131.57kmとなります。

一度家に帰ってゆっくり休養してる時や、雨でまったく動かなかった日、ちょっとしか動かなかった日も含めてますので、かなり距離としては低くなっています。

特に完全制覇するまでの間には、鹿児島から沖縄行くためのフェリーと、沖縄から神戸へのフェリーの移動もあってか、沖縄以外日本一周から47都道府県制覇するまでの平均走行距離は更に落ちています。

雨で動けない日が増えれば増えるほど、一日あたりの走行距離は減るので、日本一周に掛かる日数は増すことになるでしょう。

自分が雨などがなくまともに走った日は本州で150~200km、北海道で200~300km程度と記憶しています。

厳密に雨の日が何日あったかまで記録してないので曖昧ですが、まともに走った日の走行距離を平均すると180km程度(観光を含めて)だったと思います。

前述した、一日で無理なく走れる距離の目安の下限値にかなり近いですね。

あまり参考にならないかも知れませんが、どのくらいの日数が掛かりそうか想像しやすくはなったと思います。他の人のブログも見てみると、もっと見積もりが立てやすくなるでしょう。

(Visited 4,171 times, 1 visits today)
Pocket

 - 準備

Top