Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

ヘルメット

   

これからバイクを購入する人、原付・原付二種で日本一種しようと考えている人向けの記事になります。

ヘルメットを持っている方でも、4~5年くらい使っているのであれば、衝撃を吸収する部分が劣化しているので、万が一の時を考えると買い替えた方がいいです。

自分も長い間使っていましたので、旅に出る前に気分転換も兼ねて買い替えました。

ハーフキャップタイプは危険

原付や原付二種で日本一周しようとしている方で、持っているヘルメットがハーフキャップタイプの人は、出発前にヘルメットを買い替えすることをオススメします!

それはなぜかと言うと、何かと危険だからです!

  • 雨降りでの視界の確保が難しい
  • 虫が飛んでくる
  • 安全性が他のヘルメットより劣る

雨降りでの視界の確保が難しい

シールドがないので、雨が降ったとき視界が確保できず危険です。

自分も初めて乗ったバイクが原付スクーターで、その時にハーフキャップタイプのヘルメットを使っていたのでよく分かるのですが、ゴーグルなどが付属していても、大体のものは隙間から雨が入ってきて使い物にならないです。

虫が飛んでくる

そして何より一番脅威的なのは、飛んでいる虫が顔にぶつかる時です!

近所をうろうろとそう浮こうするだけでは、なかなかそういった経験することはないのですが、山の中などを走っていると、意外と飛んでいる虫が顔に当たります。

自分が二台目のバイクに乗っている時にあったことです。

走っていて急に右目に衝撃を受けました。どうも虫が目の辺りに直撃してしまったようで、痛くてしばらく目が開けられませんでした。

このように、50km/h、60km/hの速度で虫とぶつかることと結構な衝撃になります。当たりどころが悪かったら視力の低下、下手すれば失明に繋がる可能性だってあります。

実際に日本一周中も、飛んでいる虫がシールドに当たることは珍しくありませんでした。唐突に「カターン!!」と衝撃と共に音を立てるので結構びっくりします。

安全性が他のヘルメットよりも劣る

最後ですが、ハーフキャップのヘルメットは他のヘルメットより保護される部分が少ないので、万が一の時に安全性が落ちます。

主に上記2つの目が保護されないことが影響する危険な部分が大きいと思ったので一番最後にしましたが、これも地味に重要なことですよね。

ジェットヘル以上をオススメ

ハーフキャップタイプのヘルメットはシールドがないので危険だと書きました。じゃあ、どんなヘルメットだったらいいんだよって思うことでしょう。

原付・原付二種で日本一周をしようとしている人は、シールドがついている(もしくは付けられる)ヘルメットを買いましょう。

安全性と費用の面で、コストパフォーマンスが良いのはジェットヘルメットです。安いものだと8000円程度でシールド付のものが手に入ります。セール品などであればもっと安く手に入れることができるかも知れません。

安全性で言えばフルフェイスのヘルメットが一番安全なのですが、値段が2~3万円とかなりお高くなります。予算がある人向けです。

ヘルメットを選ぶポイント

ヘルメットを選ぶポイントですが、ジェットヘルを選ぶ場合、シールドができるだけ大きなものを選ぶといいです。できれば口くらいまで覆ってくれるものをオススメします。

自分は目から下が隠れてないシールドだったので、左頬に蛾か何かが当たって、ぐちゃぐちゃになって気持ち悪い思いをしました。しばらく取れないんで手で払いのけましたが。

雨の時は鼻から下だけは濡れてしまうのも、地味に面倒でしたね。その代わり風を感じられる爽快感や、牧草地帯を走る時の肥料のにおいなど、五感で感じられたのはメリットだったかなと思っています。

フルフェイスヘルメットを購入するのであれば、正直サイズさえ自分に合ったものであれば、どれを買っても問題ないでしょう。自分の好みのカラーやデザインで決めましょう。

個人的に目の部分さえ保護されていれば、後はお好みでいいと思ってます。風やにおいを感じられる爽快感を取るか、雨の時の快適性を取るか、メリット・デメリットを考慮して選んでみてください。

シールドの手入れ

ヘルメットのシールドですが、内側に曇り止めを塗っておくとことをオススメします。メガネ用の曇り止めなどでも代用できると思います。

自分は塗らずに旅に出たので、寒い時期での信号待ちなどで、自分の吐く息でシールドが曇って大変でした。停止中だけシールドを上げればそれで済むんですが、上げると本当に寒くなるのが辛かったです。

曇り止めを塗ってたら視界を確保したまま、ゆっくり信号が青になるのを待てたのになぁと後悔してます。旅に出る前に忘れずに塗っておきましょう。

盗難に注意

やったことある人も多いと思いますが、自分は右のミラーにすっぽり被せた状態で離れることが多かったです。

よく道の駅や観光施設の駐輪場で見る光景ですよね。

ちょっとした買い物や食事、トイレを済ますだけなら大丈夫だと思いますが、長時間離れる時は、バイクに備え付けのヘルメット掛けにロックするか、別途にチェーンを用意してハンドルなどにロックするようにしましょう。

持ち歩くのが一番安全ですが、かさ張るのであまり現実的ではないですよね。観光するならカメラを持ち歩くことになりますし。

自分はライダーハウスやゲストハウスなどでもヘルメットをバイクに置いていくことが多かったで、ちょっと無用心だったなと反省してます。

もしSHOEIなど高価なメーカーのフルフェイスヘルメットを買うつもりであるのであれば、盗難される可能性が高くなりますので、くれぐれもご注意を。盗難されると金額的な損失も痛いですし。

盗難にあってしまうとヘルメットを手に入れるまでバイクには乗れませんし、スペアキーを持ってない状態で鍵を無くしてしまうのと同じような状況になってしまいます。

安いものだとしても、ビジネスホテルや民宿、ネットカフェに入る時は持って入るようにしましょう!無くなってしまったら手に入れるまで行動不能になってしまうのは致命的です。

余談

ちなみにサイトのトップに使われているヘルメットの画像は、自分が出発前に買い替えたものです。

ちょうど日本一周しようとしている時にGo!Go!JAPANのロゴのヘルメットを見つけたのには運命的なものを感じて、迷うことなくレジに持って行ってました。

今でもそのヘルメットを使っていますが、いろんな人にいいねと言われることが多いので気に入っています。

(Visited 741 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top