Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

折りたたみチェア

   

スポーツショップやホームセンターで売っている折り畳みチェアです。

キャンプ場で、テントの外でご飯を食べながら旅人と話する時に便利です。キャンプ場に座りやすい大きな石が転がっていることはほとんどありません。

砂利の上にあぐらをかくのはお尻が痛いですし、土の上だと汚れたり濡れたりします。外で自炊しようと思っている人はあった方がいいでしょう。

折りたたみチェアの相場

背もたれが付いてない簡易のものだと800円程度、背もたれつきのもので1500円程度で買えます。

背もたれがあると楽なんですが、どうしてもかさ張ってしまいまいますので、自分はコンパクトな背もたれ無しのものを購入しました。

バイクの外にうまく積載できる人なら、背もたれつきの折りたたみチェアがオススメです。

自分の場合

必要ないと思って持って行ってなかったのですが、キャンプ場で肉を焼いたから一緒に食べないかと誘われた時にイスがないことに不便を感じ、道中で買い足しました。

しかし、旅が進むに連れて道の駅を宿代わりにすることが増え、イスに座る必要性を感じなくなったので、次第に使う機会は減りました。

キャンプ場を使う機会が多いようなら、折りたたみチェアが有った方がいいでしょう。

なんとなくの統計ですが、持っていない人が大多数のように思えました。それは、自分が途中からキャンプ場をほんとんど利用しなくなったので、必然的に持っていない人ばっかりと会うことになっていたからでしょう。

キャンプ場を利用する頻度が高い旅人なら、圧倒的に持っている人が多いはずです。

購入にあたって

千円前後なので、旅に出る前に買っていいと思うのですが、実際に旅に出てからある程度期間を置いて、本当に必要かどうかを考えてから買っても遅くないと思います。

ホムセン箱をボルトなどで固定しない人なら、ホムセン箱をイス替わりに使うこともできます。完全固定しないスタイルの人は本当に必要かどうかよく考えてみましょう。

自分みたいに”要らない→要る→要らない”と旅が進むに連れて考え方が変わってしまうこともあるので、難しいところですが。

キャンプ場メインで旅する時や、最初からキャンプすること自体を目的に出かける時に使おうと思っているので、無駄ではなかったと思ってます。

(Visited 143 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top