Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

シガーソケット電源と変換プラグ

   

シガーソケット電源とは

シガーソケット電源はバイクのバッテリーに接続して、ハンドルなどに取り付けて使用するものです。

主に手持ちのスマホやモバイルバッテリー、デジタルカメラのバッテリーなどを充電する時に使うものです。

シガーソケットの端子のままだと充電できないので、カー用品店やホームセンターなどで売っている100V電源(コンセントの形)に変換するプラグを差し込んで使用します。

バイクで日本一周する旅人のほとんどが取り付けています。

おそらく、必須の装備だと思いますので旅に出る前に必ず取り付けて置きましょう。

シガーソケット電源の種類と価格

シガーソケットのみのものと、USB端子が付いたものがありますが、レビューを見るとUSB端子付きのものはUSBのポートが故障しやすいようです。

シガーソケットを100V電源(コンセントの形)に変換するプラグにUSBの端子も付いた物が売られているので、シガーソケットのみのバイク用品店でも置いている店があります。

価格はシガーソケット電源が2000~3000円程度です。変換プラグが800~1200円程度で販売されています。

ちなみにUSB端子のみでいいのであれば100円ショップに売っています。

取り付けについて

シガーソケット電源の取りつけですが

  1. 自分で取り付ける
  2. バイク用品店で取り付けてもらう

この二択になります。

自分で取り付けできるならもちろん工賃は無料ですが、バイク用品店で取り付けて貰うと商品代とは別途に2500~3000円程度の工賃がかかります。

バッテリーに正しく繋げて配線し、ハンドルなどに取り付けるだけなんで、知識のある方は自分で取りつけるようです。自信がない人は手を出さないのが無難だと思います。

自分はそんな知識がなかったので、大人しくバイク用品店でシガーソケット電源購入と同時に取り付けてもらいました。

会った旅人の中で自分で取りつけたと言っていた人が多かったので、購入する前に知り合いの中に取り付けられそうな人を探してみるといいと思います。

車いじりやバイクいじりが好きな人は結構居ると思うので、職場の人などに片っ端から聞いて行ったら誰か一人くらい居そうな気がします。

ハンドルに取り付けるならスマホホルダーも

自分と同じようにハンドルにシガーソケット電源を取り付けるなら、スマホ、モバイルバッテリー、デジカメのバッテリーの充電器などを固定するものが必要になってくると思います。

そこで同時に取り付けることになるのがスマホホルダーです。価格はバイク用品店で3000円程度です。

ハンドルにクランプする形の商品がほとんどです。こちらの方はネジみたいなものを回して固定するだけなので自分でも取りつけできました。

スマホホルダーを付けるメリット

スマホホルダーにスマホを付けて走ると、道に迷った時や信号待ちの時などで、スマホのマップアプリで地図を見て現在地を確認することができるのが大きなメリットです!

リアルタイムな情報なので、今向いたい方向に向っているのか、次曲がる交差点まであとどのくらいなのか正確に情報を把握することができます。

ただグローブを付けたままでスマホが操作できないのが難点です。自分はいちいち片手だけグローブを外してポチポチ外す必要が出てきるのが難点です。

グローブの中でもスマホに対応したものがあるのでグローブを持ってない人や、買い換えるつもりの人はスマホ操作に対応したものを購入すると何かと便利だと思います。

スマホホルダーを付けるデメリット

スマホホルダを取り付けるデメリットもあって、かなりきっちり固定できるようになっているものがほとんどですが、万が一スマホが走行中に脱落する可能性もあります。

万が一落下したらスマホの大破は免れられないです。自分は旅に出る前に最新のiPhone5に変えていたので、最初はなかなかスマホホルダーにiPhoneを固定することを躊躇っていました。

メリットで書いているように試しに固定してみると便利だと分かったので、固定しては走ることが増えましたが、やはり落下のリスクはあります。

スマホホルダーのネジが緩んだのか、iPhoneを固定した状態で首の座らない赤ちゃんのようにぐでんぐでんになってしまい、いつ落ちてしまうのか分からない状態になってしまいました。

なんとか左手で落ちないように支えながら停止できる場所まで走り、停車して大破を免れましたが、かなりヒヤヒヤしました。

古いスマホを持っているなら地図を確認するため用として使うといいかも知れません。メインのスマホを載せていて落として大破させたってなったら買い替えなどの費用が痛いのでリスクを承知の上で固定しましょう。

また、真夏の時期などにスマホホルダに長時間固定すると熱暴走による故障も考えられるので、注意しましょう。

デジカメのバッテリー充電器を固定すると、長時間日光に当たってしまう関係上、日焼けして変色してしまう可能性があります。自分も後になってから気がつきました。

気になる方はタンクバッグなどに引き込む方法を考えた方がいいでしょう。

取り付けた後の注意点

取り付けた後に注意する点としては、使った後は必ず蓋の部分であるゴムキャップをしておくことです。ちょっとでも浸水するとすぐに壊れてしまいます。

自分はコンセントの形式に変換するプラグを挿しっぱなしにしたまま、バイクから離れてしまい、その間の数十分程度でしたが壊れてしまいました。

変換プラグは生きていたのですがシガーソケット電源がダメになっていました。

観光する時にバイクから離れる時は、変換プラグを抜いてシガーソケット電源のゴムキャップをしてから離れましょう。変換プラグは上着のポケットや、財布やちょっとしたものを入れるバッグに入れるといいでしょう。

人によってはシガーソケット自体をタンクバッグなど簡単に濡れない場所に引き込んで設置している方がいましたので、できることなら雨が降っても簡単に濡れない場所に設置することをオススメします。

 

(Visited 1,589 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top