Go!Go!JAPAN-バイク日本一周支援サイト-

バイクで日本一周するための情報発信サイト

*

ガソリン携行缶

   

ガス欠対策のガソリン携行缶です。携行缶は500mlから1リットル、2リットル、3リットル、5リットル、10リットルと種類が豊富にあります。

タンク容量が大きいバイクだと持つ必要性はほとんどありません。うっかりリザーブのまま走ってしまっていて、ガス欠した時の保険になるくらいでしょうか。

自分の場合

自分が日本一周していた時に乗っていたバイクは、燃費34~40km/lほど走り、カタログのスペック通りだと7.5リットルの燃料が入るタンクでした。

満タン給油で255km~300km走れる計算だったので、ガソリン携行缶を持つ必要はないと判断して持って行きませんでした。

自分の場合、割と少なくなるまで粘ってから給油していたので、日本全国でひやひやしたことが何度かあって、一度ガス欠しています。

あまり無理せず早めの給油を心がけましょう。

ガソリン携行缶の相場

ガソリン携行缶の相場は1000~2000円程度です。

バイクがガス欠した時の保険として持つ場合、積載との兼ね合いから必然的に500mlか1000mlのボトルタイプのものから選ぶことになると思いますので、それ以上の容量の相場を考慮していません。

スーパーカブのように燃費のいいバイクの場合は500mlがコンパクトでオススメです。スーパーカブの場合、燃費が60km以上なんで、500mlもあれば30~35km走れてしまいますので、ガソリンスタンドまでは持つでしょう。

携行缶を持っていた人

自分的な統計ですが、日本一周の旅人でガソリン携行缶を持っている人は、割合的には少なく1割以下でした。

携行缶を持っていた人の大半はスーパーカブやリトルカブなど、タンク容量が少ないバイクの人でした。後は改造して容量の小さいタンクに載せ変えている人でした。

スーパーカブはタンク容量4.3リットルと少ないですが、燃費は60km/l以上走るので最低258kmは走れるので、不要と言えば不要だと思うのですが、人それぞれなのでしょう。

携行缶が必要な人

タンク容量の多い少ないと言うより、満タン容量での最大航続距離が短い人は必要になってくると思います。

どのくらいの最大航続距離だと携行缶を持った方がいいかですが、個人的には最大航続距離が200km以下の人は携行缶を持ち歩いた方がいいんじゃないかと思っています。

携行缶を持つことをオススメする理由

北海道は街から街の距離が長くなる

携行缶を持つことをオススメする理由としてまず思いつくのがこれです。北海道は街から街の距離が本州より長くなります。

走る道によっては100km以上ガソリンスタンドがないところもあります。大抵はツーリングマップルに記載されていますが、見逃すかも知れません。

その手の記載がない場合でも、ガソリンスタンドが廃業していたり、定休日だったり、営業時間が短くて、行ったはいいがすでに閉店していた、なんてことがよくあります。

給油のことを考えることから解放される

仮に最大航続距離が200kmのタンク容量のバイクに乗っているとします。100km以上給油できないかも知れないことを回避しようとすると、常に半分を目安に給油しないといけないことになります。

事実上タンク容量が半分になったようなものです。この状態だと走ってすぐに給油のことを考えないといけなくなります。

せっかくいい景色の道を走ってるのに、頭のどこかで給油のことを気にいて走るのは勿体ないことです。精神的にもよくないです。

携行缶があるだけで、心にゆとりを持ちながら旅ができるんじゃないでしょうか。最大航続距離が短い人はガソリン携行缶を購入することをオススメします。

実際に使う機会は少ないかも知れませんが、万が一ガス欠した時の保険になりますし、給油のことを考えながら走るストレスから解放されることになります。

携行缶に給油するには

ガソリン携行缶に給油する方法についてです。

まず、セルフ式のガソリンスタンドで給油することはできません。消防法適合の携行缶だとしても、携行缶に給油することは消防法で禁止されています。

携行缶に給油するには、有人のガソリンスタンドでスタッフの人にお願いして給油してもらう必要があります。

セルフ式ガソリンスタンドの店員さんにお願いしたら給油できたとか、黙認されて、何もいわれることなく給油することができたって声も聞きます。

少しでも売り上げをあげたいってお店だと黙認されたり、スタッフが給油してくれる場合もあるかも知れません。

原則としてセルフ式のガソリンスタンドでは携行缶に給油することは消防法で禁止されていることをので覚えておいてください。

 

取扱いの注意点

ガソリンは危険です

取扱いはくれぐれも注意するようにしてください。ガソリンは-40℃の状況でも気化することができる危険なものです。

内部からの外に出ようとする圧力が働いています。急にキャップを開けるとガソリンが吹き零れることあります。特に気温が高い夏は特に注意してください。

圧力の調整弁がついているものは、それを調整して中の圧力を逃がして給油しますが、前述した500mlや1000mlのボトルタイプのものは、キャップが圧力調整のネジを兼ねています。

ゆっくり開けることで、缶の中の圧力を逃がすことができるようになっているそうです。詳しくは取扱い説明書をよく読み、旅に出る前に一度使っておくと安心して使えるでしょう。

有人のガソリンスタンドで給油してもらった場合

有人のガソリンスタンドで携行缶に給油してもらった際ですが、給油してもらったはいいが、キャップがきっちり締まってなかった!なんてケースが稀にあるようです。

前述しましたが、ガソリンはマイナス40℃でも引火する可能性がある危険物です。ちょっとでも隙間があれば、気化したガソリンと空気が混合し、そこに火種があるだけで火が付きます。

有人のガソリンスタンドでも、携行缶に給油する機会は少ないはずです。携行缶によって仕様がさまざまなので、慣れている店員さんが給油してもそういうヒューマンエラーが発生する可能性があります。

なので、店員さんに給油してもらったら、携行缶のキャップがきっちり締められているか、最後に自分の手で確認することをオススメします。

余談

実は自分、ガソリンなどの危険物を取り扱うことができる資格「乙種第四類危険物取扱者」を持っています。高校生の時になんとなく取得しましたが、今までの人生で役に立ったことはありません。

ガソリン自体は燃えない

自分がこの資格を取るために勉強して、一番ためになったのはガソリン自体が燃える訳ではないと知ったことです。ガソリン自体が燃える訳ではなく、気化したガソリンと空気が一定の割合で混合したものに着火することで火がつきます。

そして、火が付いてしまうと、液体のガソリンは横に広がりますので、どんどん燃焼面積が増え、酸素を取り込んで火を大きくするので大変危険なのです。

てんぷら油の火災

ちなみに油火災で水を掛けるのがNGなのは、水と油の比重が関係しています。水と油って分離しますよね?そして水と油だと水の方が比重が重いので、水が下になって油が上になります。

てんぷら油などの火災で水をかけるのがダメなのは、このためです。水を掛けても燃焼面積が広がるので消火するどころか、事態は悪化します。

油での火災が起こった場合、助燃性のある酸素を遮断することで消火する窒息消火が有効です。ナベを覆うことができる大きさのタオルなどを持ってきて、濡らして絞ったものを被せることで初期消火をするこができます。

以上、携行缶とはあまり関係のない、ガソリンの危険性についての説明でした。

(Visited 4,411 times, 1 visits today)
Pocket

 - 道具紹介

Top